« VivoTab Note 8で無線LANが使えない問題が解決 | トップページ | WSL(Windows Subsystem for Linux)にRaspberry Pi用のクロスコンパイラを導入する »

VivoTab Note 8 : afuwinでBIOSを207->211へ更新

前回の記事「VivoTab Note 8で無線LANが使えない問題が解決」で、BIOSを207に戻して動くようになりましたが、同じやり方でBIOS211にアップグレードすると動くのではないか?と思って、実際にやってみました。

やってみた手順は以下の通り。★試すなら、自己責任でお願いします★

  1. ASUSサポートサーとから、BIOS211をダウンロード
  2. BIOSファイル「M80TAAS.211」の先頭2048バイトをスキップして、残りを「M80TA211.ROM」として保存(5,242,880バイトになる筈)
  3. 前回の記事で使ったAMIツール「afuwingui.exe」を起動して、作成したROMファイルを開く
  4. ツールのSetup画面で、「Main BIOS Image」と「Boot Block」だけにチェックを入れ、Flashを実行
  5. VivoTab Note 8を再起動して、回復メニューからUEFI BIOSを立ち上げ
  6. デフォルト値をロードし、First BootをDisableにして、保存・再起動

無線LANが安定して起動する状態のまま、BIOS211に更新でき、電源ボタン長押しなどの対策が反映されました。

afuwingui.exeでROMのバックアップ(ダンプ)を取得しておいたので、無線LANが安定しない状態のBIOS211と、今回の手順で無線LANが安定しているBIOS211を比較したところ、NVRAMの設定が一部異なっているだけでなく、0x4fe70~0x4ffffにあるコードが異なっていました。後半の違いは、ASUSのBIOS更新履歴からみるとEC Firmwareではないかと推測しています(afuwinでは意識していないでしょうから)

いずれにしても、通常のBIOS更新手順でBIOS211に更新したVivoTab Note 8では、無線LANが頻繁に立ち上がらない症状がでていたものが、afuwinツールを使ってBIOS207に戻した後で、更に同じツールでBIOS211に更新したら、無線LANも安定して立ち上がるようになりました。

同様の症状で困っている方が、本手順で復旧するかどうかは判りませんが、無線LANが使えないVivoTab Note 8をお蔵入りさせるよりは試行錯誤してみたいという方には、参考になるのではないかと思って記事にしてみました。

« VivoTab Note 8で無線LANが使えない問題が解決 | トップページ | WSL(Windows Subsystem for Linux)にRaspberry Pi用のクロスコンパイラを導入する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VivoTab Note 8で無線LANが使えない問題が解決 | トップページ | WSL(Windows Subsystem for Linux)にRaspberry Pi用のクロスコンパイラを導入する »