« VivoTab Note 8 : afuwinでBIOSを207->211へ更新 | トップページ | WSL(Windows10)にRaspberry Pi 3用のクロスコンパイル環境を整備する »

WSL(Windows Subsystem for Linux)にRaspberry Pi用のクロスコンパイラを導入する

Raspberry Pi 3を買ったので、クロスコンパイル環境をWindows 10(64Bit)上に構築しようとして、MingWなども試した結果、WSLにたどり着きました。

ct-ngなどに悪戦苦闘していたのが嘘のように、簡単にインストール出来ました。

WSL自体のインストール方法は、@IT記事などを見てください。

まずはubuntuをアップデートしておきます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

記事を書いた時点のWSLは、ubuntu 14.04です。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 14.04.5 LTS
Release:        14.04
Codename:       trusty

次に良く使う開発環境をセットアップします。

$ sudo apt install build-essential gperf bison flex libtool git autoconf automake

最後にクロスコンパイラをインストールします。なんと、これだけ!!

$ sudo apt install gcc-arm-linux-gnueabihf

試しにクロスコンパイラの中身をチェックしてみましたが、Raspbianで配布しているcross compiling toolchainと同じものでした。

$ arm-linux-gnueabihf-gcc -v
Using built-in specs.
COLLECT_GCC=arm-linux-gnueabihf-gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=/usr/lib/gcc-cross/arm-linux-gnueabihf/4.8/lto-wrapper
Target: arm-linux-gnueabihf
Configured with: ../src/configure -v --with-pkgversion='Ubuntu/Linaro 4.8.4-2ubuntu1~14.04.1' --with-bugurl=file:///usr/share/doc/gcc-4.8/README.Bugs --enable-languages=c,c++,java,go,d,fortran,objc,obj-c++ --prefix=/usr --program-suffix=-4.8 --enable-shared --enable-linker-build-id --libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --with-gxx-include-dir=/usr/arm-linux-gnueabihf/include/c++/4.8.4 --libdir=/usr/lib --enable-nls --with-sysroot=/ --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug --enable-libstdcxx-time=yes --enable-gnu-unique-object --disable-libmudflap --disable-libitm --disable-libquadmath --enable-plugin --with-system-zlib --disable-browser-plugin --enable-java-awt=gtk --enable-gtk-cairo --with-java-home=/usr/lib/jvm/java-1.5.0-gcj-4.8-armhf-cross/jre --enable-java-home --with-jvm-root-dir=/usr/lib/jvm/java-1.5.0-gcj-4.8-armhf-cross --with-jvm-jar-dir=/usr/lib/jvm-exports/java-1.5.0-gcj-4.8-armhf-cross --with-arch-directory=arm --with-ecj-jar=/usr/share/java/eclipse-ecj.jar --disable-libgcj --enable-objc-gc --enable-multiarch --enable-multilib --disable-sjlj-exceptions --with-arch=armv7-a --with-fpu=vfpv3-d16 --with-float=hard --with-mode=thumb --disable-werror --enable-checking=release --build=x86_64-linux-gnu --host=x86_64-linux-gnu --target=arm-linux-gnueabihf --program-prefix=arm-linux-gnueabihf- --includedir=/usr/arm-linux-gnueabihf/include
Thread model: posix
gcc version 4.8.4 (Ubuntu/Linaro 4.8.4-2ubuntu1~14.04.1)

次はカーネルビルドにチャレンジしてみようと思います。

« VivoTab Note 8 : afuwinでBIOSを207->211へ更新 | トップページ | WSL(Windows10)にRaspberry Pi 3用のクロスコンパイル環境を整備する »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601747/64881529

この記事へのトラックバック一覧です: WSL(Windows Subsystem for Linux)にRaspberry Pi用のクロスコンパイラを導入する:

« VivoTab Note 8 : afuwinでBIOSを207->211へ更新 | トップページ | WSL(Windows10)にRaspberry Pi 3用のクロスコンパイル環境を整備する »